Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画のこと

またまた2本

 『容疑者Xの献身』 (高岡サティ )

この映画はホントに楽しみにしていて、どうしても大画面で見たかったので公開初週に見に行ったのですが・・・、かなり体調悪かったのを押して見に行っちゃったので、ばてばて。

もう一度トライします・・・。多分DVDになっちゃうだろうけど。
でも、意識ある範囲で見てる限り多分とても良いと思う・・・。う〜〜情けないなぁ。

もともとドラマ版が大好きで、ドラマ後に原作読んだんだけど、最近の原作もので外れなかったのって無い。原作がすごく大好きでも映像化されるとちょっとがっくりくるものが多い。
草薙さんがちょっと違う位置づけだし、湯川先生のキャラクターもちょっと違うけど、ストーリーとしてすごく上手く出来ていたと思う。謎が解かれる様子が映像化によって視覚でわかるところも良かったのかも。後、もともとが短編なのもね。

これなら大丈夫だろうと思って、映画の前に原作も読んじゃった。
だから基本のトリックはわかってたんだけど、堤さんの石神はとてもよかった。特に最後の崩れ落ちるところ。すばらしかったです。

ドラマのコミカルさは抑えられていて、重厚な原作ファンにも楽しめる作品になってます。
ほんとにもう一度トライしなきゃ・・・。


『おくりびと』 (高岡イオン)

死をテーマにした作品なのに、なんだかとてもあたたかい作品に仕上がっています。
ところどころユーモアがちりばめられているんですが、その笑いが生きるということに繋がっている。食事のシーンも多い。これもそう。
生と死。生きるということ、そして家族について。漠然とだけど考えちゃう映画。

映画とともに流れる美しい山形の風景、そして納棺の儀式の所作の美しさ。そして音楽も今回の映画を引き立てています。

着付けしているシーンを、昔、ひいばあちゃんが亡くなった時に見てるような気がするんだけど、ちょっと記憶が定かじゃない。

もとになった小説を書かれた方も富山の方とのことです。
小説のほうも読んでみようかしら。
  • 2008.10.16 Thursday
  • 23:32

-

スポンサーサイト

  • 2012.12.24 Monday
  • 23:32
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback