Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

本と音楽のこと

楽園

楽園 上 (1)
楽園 上 (1)
宮部 みゆき

久しぶりの宮部ワールドでした。
図書館でリクエストかけて4か月まちだった。

「模倣犯」からつながるストーリー。
模倣犯を読んでない人には、わかりにくいと思う。
もちろんこの本単独でも十分話はわかるし面白いと思いますが、前畑滋子が今でも抱えるかつての事件の傷について。「模倣犯」を読んでいないとわかりにくい所もあるのでは。

とは言いつつ・・・、私もストーリーちょっとうろおぼえになってました。その後見た映像での模倣犯の印象(中居君のイメージ)が思ってたより重く残っているので、もう一度読み直してみようと思う。
9年の月日がたっているということで、事件の影響もあると思うが、たしかに彼女の印象が年を重ねているなぁというのだけは思えた。

この本は悲しいほど優しくてさみしい。
家族そして人との繋がりがえがかれています。
私の求める楽園はどこにあるのだろう。そしてやはり何か失われているのだろうか。

今作の事件後、前畑滋子がかつての事件にどう向かっていくのか。
読んでみたい気がしました。
  • 2008.02.21 Thursday
  • 02:19

-

スポンサーサイト

  • 2012.12.24 Monday
  • 02:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback