Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画のこと

嫌われ松子の一生

気分転換にということで映画に行ったので、予告を見ていて興味のあった『嫌われ松子の一生』を見てきました。『デイジー』と迷ったんだけど。なんとなくこっちを。泣く気分ではなかったし。やっぱりイオンはサティと違って混んでいるんだね。

原作を読んでいないし、予告のイメージだけで行ったのですが、結構ストーリーは重たいね。そんなにめ新しいという感じでもないのかな。一所懸命に生きていて、ただ幸せになりたいだけの松子がだんだん転落していく。それを歌とファンタジックな映像で、POPでかわいい感じに仕上がっている。中島さんならではの映像なのでしょう。でも、嫌いじゃない。
セットにたくさん出てくる花(壁紙、庭の花、川原の花など)や、色づかいが結構印象に残っていてその時々の松子を上手く表現されていた感じがします。
ところどころ入り込んでくるサスペンス劇場やAVや時事のニュースは面白かった。
随所に出てくる歌が良い。サントラちょっと欲しくなった。はまっているしアーティストのセレクトも好き。BONNIE PINKさんはもともと好きだし、木村カエラやAIなどのいまどきな感じもいい。中谷美紀さんが歌うわりとちょっと古めかしいポップスや童謡調の歌とも自然につながっていて面白い。ダンスシーンとかPVっぽいよ。
役者さんももちろんすごい。監督と中谷さんがバトルしてたとありましたが、結構気迫のこもった感じになってる。きれいだから余計にいっちゃってる感じがします。
瑛太さんと香川さんのシーンがあるから余計に松子のシーンが引き立ってくるのでしょうか。瑛太さんの目線から松子の一生を振り返ってもらうことで最後松子も家族の下へ帰っていくことが出来たのかな。
周りの役者さんもいろんな人が出ていて見ていて楽しかったです。
  • 2006.05.28 Sunday
  • 22:24

-

スポンサーサイト

  • 2012.12.24 Monday
  • 22:24
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こんにちはケントです。TBお邪魔します。
この映画を劇場で観る機会を失い、DVD化されてもレンタル中でなかなか観ることが出来ませんでした。
今頃になって、レビューを書くのも時代遅れで恥ずかしいのですが、
とても面白く魔可不思議な作品だったので書かずにいられませんでした。
なんとなく「下妻」に感じが似ていると思ったら、同じ監督なんですね。
>ミチさま
コメントありがとうございます。
映画を見ているとすばらしいエンターテイメントになっていましたね。
たしかにちょっと目の疲れる映画でしたが、細かいところいろいろ見るのも楽しかった。
懐かしさと新しさのまじった作品だったなと思います。
こんにちは♪
TBありがとうございました!
全く新しいタイプの映画を見たな〜と思いました。
あの悲惨な原作がこんなエンタメになるなんてビックリです!
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 130分 監督 中島哲也 原作 山田宗樹 脚本 中島哲也 音楽 ガブリエル・ロベルト 、渋谷毅 出演 中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 (allcinema ONLINE) 解説: 『下妻物語』の中
  • タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
  • 2006/11/19 8:36 PM
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、
  • デコ親父はいつも減量中
  • 2006/11/18 7:06 PM
2006年の春に話題となった映画「嫌われ松子の一生」がDVDになって登場することになったので,再び記事としてピックアップ 昭和22年に福岡で生まれた川尻松子(中谷美紀)は,教師として赴任した中学校で事件に巻き込まれ,退職. 作家の八女川徹也(宮藤官九郎)やそ
  • オレメデア
  • 2006/11/15 11:08 AM
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県大野
  • 映画大好き☆
  • 2006/10/20 7:39 PM
山田宗樹の小説を「下妻物語」の中島哲也監督が映画化した 奇想天外な女の一生物語。 転落の一途を辿る壮絶なヒロイン川尻松子の人生を多彩な映像表現を駆使して カラフルかつポップに描いています。 教師をクビになり殺人まで犯してしまう川尻松子に中谷美紀が扮し、
  • 噂の情報屋
  • 2006/08/30 12:27 AM
 映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。  観にいくまえに何人かの人に感想を聞いたら、「すっごく楽しいよ」「かなり辛い…へこむよ」と、両極端な感想。  でも、どちらも本当だったのです。  昭和22年生まれの川尻松子。彼女の7歳から53歳を描いている
  • シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
  • 2006/08/12 2:54 PM
「嫌われ松子」と言うくらいだからどれだけ性格悪いんだろうと思っていたのですが、それほど嫌われてるワケでもなく、どっちかって言うと「あわれな松子」ってカンジでした。ミュージカル仕立てというコトもありテンポが良く、ところどころウケ狙いもあり、とても見やす
  • Tokyo Sea Side
  • 2006/07/29 10:15 AM
中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島哲也監
  • とんとん・にっき
  • 2006/07/26 9:26 PM
 前評判は高かったものの、大ホームラン『下妻物語』の後だけに、そうたやすく傑作をたてつづけに発表できるものかと疑問視していました。  しかし
  • シネクリシェ
  • 2006/07/16 12:10 PM
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??
  • 猫姫じゃ
  • 2006/07/06 5:54 PM
(06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行っちゃ
  • Ч BLOG
  • 2006/07/06 2:12 PM
♪ま〜げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに
  • めざせイイ女!
  • 2006/06/21 5:49 PM
映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっていって見ていて飽きなかったです。もともとの素材と
  • ブログ:映画ネット☆ログシアター
  • 2006/06/19 9:27 AM
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな〜って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった。 こ
  • ひるめし。
  • 2006/06/18 9:32 PM
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2006/06/17 2:13 AM
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪し
  • 文学な?ブログ
  • 2006/06/17 12:57 AM
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半
  • 銅版画制作の日々
  • 2006/06/16 7:39 PM
平成13年,荒川の河川敷で,松子(中谷美紀)の遺体が発見された. 松子のアパートの整理を任された松子の甥(おい)の笙(しょう:瑛太)は, 少しずつ,松子の数奇な一生を知ることになる……. 昭和22年,福岡県の大野島という街に生まれた,川尻家の長女・松子. 幸
  • オレメデア
  • 2006/06/16 11:40 AM
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
  • よしなしごと
  • 2006/06/16 4:24 AM
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ?主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ?その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ?宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス!  
  • 海から始まる!?
  • 2006/06/16 1:11 AM
空仰ぎ 曲げて伸ばして 星になる   そういえば、「無法松の一生」ってありましたね。それが何って、別に何でもないけど。  この映画、「おもろいやんけ、でも、ちと浅いかなあ」タイプと「つまんねえけど何かぐっと感じるんだよね」タイプと、そんな狭間を行
  • 空想俳人日記
  • 2006/06/11 7:58 AM
「嫌われ松子の一生」を見てきました。 山田宗樹の同名ベストセラー小説を 「下妻物語」の中島哲也監督が映画化。 不幸な悲恋の生涯を遂げた松子というヒューマンストリードラマ。 主演の松子には「電車男」でエルメス役を演じた、 中谷美紀が波乱万丈の川尻松子を演じ
  • ナナシ的エンタメすたいるNet
  • 2006/06/10 1:13 AM
【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸にな
  • CINEMANIAX!
  • 2006/06/08 9:03 PM
公式サイトはコチラ→ 【制作年】2006 【制作国】日本 【監督・脚本】中島哲也 【原作】山田宗樹 【鑑賞場所】ユナイテッドシネマキャナル 【主なキャスト】 ○中谷美紀(川尻松子) ○瑛太(松子の甥:笙) ○伊勢谷友介(松子の教え子:龍) ○香川照
  • *アンチハリウッド的* 映画論
  • 2006/06/07 1:12 PM
 『嫌われ松子の一生』は考えさせられる映画でした。  アイデンティティと映画表現というものが、どうあるべきなのかってことについてね。ゲイが出てくるわけではないのだけどゲイ的だし、内面からの共感などあるはずのない境界型人格障害の女性を描き上げている。
  • 新装開店☆玉野シンジケート!
  • 2006/06/06 2:21 AM
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら、笙は
  • 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
  • 2006/06/05 8:30 PM
〜思わず、予期せず、何度も泣いてしまった〜 予想に反して、切なさがいっぱい。 でも、この作品は、人によって感じ方がいろいろあるんだろうナァ・・・。 ということで、短評でまとめてみました。 中谷美紀 ★ 少なくとも私には、ヨク演じてたと思います。 瑛
  • うぞきあ の場
  • 2006/06/04 4:23 PM
監督:中島哲也  CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕方なく松
  • *Sweet Days*  ~movie,music etc...~
  • 2006/06/03 11:10 PM
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生-生きること、愛すること。 三人兄弟の長女。 真ん中は男、末っ子は病弱な女。 こんなきょうだい関係なら、長女は父親から顧みられることが少ないだろうという
  • ヒューマン=ブラック・ボックス
  • 2006/06/03 11:06 AM
≪ストーリー≫ 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まってい
  • ナマケモノの穴
  • 2006/06/02 9:03 PM
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子
  • 京の昼寝〜♪
  • 2006/06/02 8:51 AM
2006年5月27日 初公開 公式サイト: http://kiraware.goo.ne.jp/ 池袋・テアトルダイヤ 2006年5月29日(月)1時5分からの回 ゴウ先生総合ランキング: A-/B+   画質 (ビスタ): B+   音質 (ドルビーステレオ?): B+
  • 映画と本と音楽にあふれた英語塾
  • 2006/06/01 8:40 PM
●新アトラクション「松子の世界」があったらいいなと思わせる、表現の可能性を広げる効果的なCGを使った、下妻のアナザーストーリーともいえる渾身の1作●監督のあふれる才能がほとばしり、未だ時代が追いついてこれないかもしれず、下妻の「青春」が大好きな人には少
  • わかりやすさとストーリー
  • 2006/06/01 5:21 PM
「川尻松子の一生を観る」ことはできない。 いかなる「もっともらしさ」で囲まれていたとてそれは多かれ少なかれ嘘である。
  • 憔悴報告
  • 2006/06/01 3:16 PM
『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 だけど、現実は・・・ 教師をクビ 家出 同棲相手の暴力 不倫相手に捨てられ ソープ嬢になり ヒモを殺害 自殺未遂 刑務所行き ヤクザの女に 松子。人生を100%生きた女。
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
  • 2006/05/31 10:29 PM
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女  
  • カリスマ映画論
  • 2006/05/31 1:14 AM
『嫌われ松子の一生』鑑賞レビュー! 松子。人生を100%生きた女。 『下妻物語』の中島哲也監督が贈る もうひとつのシンデレラストーリー 不幸って何? ありえない?キャスティング あなたは"嫌われ松子"を好きですか? 製作年?
  • ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
  • 2006/05/31 12:09 AM
波乱に満ちた人生を送った、ひとりの女性の物語です。
  • 水曜日のシネマ日記
  • 2006/05/29 10:21 PM
「嫌われ松子の一生」 「下妻物語」は、 嶽本野ばらの小説の面白さと、中島哲也監督の映像センスの相乗効果で、 最近ではもっとも好きな作品である。 中島監督の最新作ということで、当然のことながら期待して、 公開初日に劇場に足を運んだが、 「下妻」に比べる
  • わたしの見た(モノ)
  • 2006/05/29 8:40 PM
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
  • Akira's VOICE
  • 2006/05/29 6:17 PM
嫌われ松子の一生 2006/05/27公開 原作:山田宗樹 監督・脚色:中島哲也 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 嫌われ松子は愛され松子でした。 稲垣吾郎も言っていたけど、ホントこの映画は 中谷美紀ありきでできた映画だなと。
  • お熱いのがお好き
  • 2006/05/29 3:18 PM
 映画 vol.59 『『嫌われ松子の一生』』※舞台挨拶付試写会 監督:中島哲也(「下妻物語」) 出演:中谷美紀 (あんどう)瑛太!!  公式サイト ◇BONNYPINKさん 舞台挨拶 曲のイメージとはほど遠い、どちらかといえば大人
  • Cold in Summer
  • 2006/05/29 3:07 PM
生年月日:1973年4月16日 血液型:A型 京都生まれ
  • 何が知りたい?第2検索ワード
  • 2006/05/29 2:50 PM
映画館で、出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本 明/木村カエラ/蒼井そら/柴咲コウ/片平なぎさ/本田博太郎/奥ノ矢佳奈/ゴリ/榊 英雄/マギー/竹山隆範/谷原章介/甲本雅裕/キムラ緑子/角野卓造/阿井莉沙/宮藤官九郎/谷中 敦/劇団ひとり/大
  • Rohi-ta_site.com
  • 2006/05/29 8:48 AM
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][:!:][:!:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】中島哲也 【脚
  • アンディの日記 シネマ版
  • 2006/05/29 1:08 AM
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するように進
  • 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
  • 2006/05/29 12:33 AM
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。 ケバケバしい色の
  • ミチの雑記帳
  • 2006/05/28 11:13 PM
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった〜{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作のハイパ
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2006/05/28 10:32 PM
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
  • ネタバレ映画館
  • 2006/05/28 10:28 PM